概要

居合道とは

居合とは、日本刀を用いる剣術のひとつであり、文字通り居合わせて斬ることを主としています。
敵の不意の攻撃に対して間を置かずに刀を抜き、相手を倒します。
といっても、居合道は竹刀を用いて打ち合う剣道とは異なり、実際に相手と戦うわけではありません。
自分の仮想敵に対して刀を抜く形武道です。

相手に当たり、柄に手を掛けて鯉口を切ってから相手の数と配置に則った一連の立ち回りの後の納刀までの動作を形として稽古します。
また、居合の理念は、剣の理法の修練による人間形成の道でもあります。

究極の居合の姿は「抜かないこと」です。
心の敵をつくらず己を責め、己に勝ちて尚、己を改めるという武道の心を日々の鍛錬を通して学んでいくものです.


杖道とは

杖道は、長さ四尺二寸一分(約128cm)、直径八分(約2.4cm)の杖を用いることで、打掛かる太刀を制する形武道です。

17世紀初頭に夢想権之助によって創始された神道夢想流杖術が起源となっています。

杖術の技法の特徴は、伝書に「突かば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも はずれざりけり」とあるように、突き、払い、打ちを左右等しく繰り出すことができ、千変万化の技を可能にしている点です。

また、攻撃を主とせず相手の攻撃に応じて変化し制圧することを旨とし、術技発想の原点は「刀槍は、人を殺すものゆえ、望むに足らず。杖は人を殺さず、しかも自身の身をも全うする。」と喝破しているところにあります。従って、その術技は棒という武器の特性を発揮するため、剣の技を熟知した上で剣とは全く異質の発想で組み立てられています。その為、お互いに剣を抜きあった場合では自分より強い相手であっても、杖を持ったら相手を殺さずに勝つことができる術技が形成されているのです。